膀胱炎 症状 原因 治し方

膀胱炎の種類と症状、原因や治療方法について

 あなたは、膀胱炎に罹ったことがありますか?
 女性の方であれば、「はい、あります。」と答える人が多いのではないでしょうか。

 

 では、男性の方ではどうでしょう。
 「いいえ、ありません。」と答える人が多いかもしれませんが、実は男性も膀胱炎に罹ることがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、膀胱炎の様々な症状とその原因や対処方法などについてわかりやすくお話ししていきます。

 

膀胱炎って?

 膀胱炎は、大腸菌等の細菌が尿道から侵入し膀胱内で増殖することで、膀胱内に炎症が起きる病気です。
 体力のある時には、細菌が尿道から侵入しても排尿時に排泄されてしまうので、膀胱炎になることは少ないです。
 逆に疲労やストレスなどで免疫力が低下していると、膀胱内で細菌が増殖して膀胱炎を発症してしまいます。

 

 膀胱炎は、一般的には男性よりも女性に発症しやすいとされています。
 女性の尿道が男性のそれより短く、細菌が尿道から膀胱内に侵入しやすいためです。
 また、身体の構造からも細菌が尿道に入りやすくなっています。

 

 膀胱炎には、急性膀胱炎、慢性膀胱炎、間質性膀胱炎などの種類があります。
 一般的に膀胱炎というと、急性膀胱炎のことになります。

 

急性膀胱炎

 トイレで排尿した後にも、尿がまだ残っている感じがしたり、痛みを感じたりします。

 

慢性膀胱炎

 慢性膀胱炎には、2種類のタイプがあります。
(1)他の病気によって膀胱内に細菌が侵入して膀胱炎になったもの
(2)急性膀胱炎をきちんと治療しないために、膀胱炎の症状が慢性的に続くもの

 

間質性膀胱炎

 間質性膀胱炎では頻尿や排尿時の痛みなどが起こり、症状としては急性膀胱炎とほぼ同様のものです。
 急性膀胱炎の原因は細菌感染ですが、間質性膀胱炎の原因はまだ解明できていません。

 

スポンサーリンク

 

膀胱炎の症状は?

急性膀胱炎

 急性膀胱炎の主な症状には、次のようなものがあります。
 ・頻尿や排尿時の痛み
 ・残尿感や尿の色が変わる
 ・陰部周辺の痛みや痒み
 ・下腹部の痛み
 ・発熱や腰痛

 

 膀胱炎が比較的軽いと、はっきりした自覚症状が少ないので、放置してしまうことも多いようです。
 しかしながら、放っておくと高熱を発したり腹痛が激しくなったりして、腎臓への感染症などに繋がることもあります。

 

慢性膀胱炎

 慢性膀胱炎の症状としては、急性膀胱炎とほぼ同様のものです。

 

間質性膀胱炎

 間質性膀胱炎の症状は頻尿や排尿時の痛みなどで、急性膀胱炎とほぼ同様のものです。

 

膀胱炎の治療方法は?

急性膀胱炎

 頻尿と排尿時の痛みが特徴的な症状で、軽度の場合には自然治癒することもあります。
 多めの水を飲んでトイレに行く回数を増やし、膀胱内の細菌を少しでも早く排出させるようにします。

 

 また、栄養バランスの良い食事と充分な睡眠、適度な運動などで免疫力を向上させることも大事です。
 症状が重くなったり、他の症状(腹痛、発熱、腰痛など)を併発している場合には、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

慢性膀胱炎

 慢性膀胱炎には2種類のタイプがあるので、それに応じた対処をしていきます。
(1)他の病気によって膀胱内に細菌が侵入して膀胱炎になったもの
 膀胱炎への対処と並行して、膀胱炎を引き起こす原因となった病気を治療することが大事になります。

 

(2)急性膀胱炎をきちんと治療しないために、膀胱炎の症状が慢性的に続くもの
 急性膀胱炎と同様の対処をします。

 

間質性膀胱炎

 原因がよくわかっていないため、その対処方法も症状によって違ってきます。
 病院で診察や検査(尿検査、血液検査等)を受けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。